HOME > 事業報告 > 平成28年度 ひょうご「まちおこし」支援事業の報告書(チョウザメ魚醤)

事業報告
平成28年度 ひょうご「まちおこし」支援事業の報告書(チョウザメ魚醤)


1.事業名称
世界初!! チョウザメ魚醤『蝶のしずく』販路拡大支援事業

2.事業の目的・内容
零細な事業所である香美町小代内水面組合は、平成8年よりチョウザメの養殖に取り組み、平成21年よりチョウザメの未利用資源の有効活用を図るため魚醤の製造に取り組み試行錯誤を重ね完成に至り、平成26年全国に発信した。本事業で販路の開拓を図るため贈答、ギフト、ネット販売等の推進を目的とし、強くアピールするためのグッズの作成(バナー・ポスター・リーフレット)、報道機関へのプレスリリースによる新聞掲載とテレビでの放映による販路拡大を図った。

3.実施事業
◇贈答用に活用して頂くための取り組み
本事業に取り組むまでは、商品である「蝶のしずく」は瓶のまま販売していたが、本事業により贈り物としても活用できることを強くアピールするため、関係事業者と協議を重ねる中で当初は箱入りを考えていたが、チョウザメの全ての部位を捨てることなく取り組んでいる趣旨からすると箱は捨てられてしまうため、資源の無駄となってしまうので、持ち帰っていただいてもその人の思いで様々に再利用できるラッピングクロスを作成した。

◇委託販売先の営業強化の取り組み
本事業に取り組むまでは、単に委託販売先に商品である『蝶のしずく』を販売棚に設置していただけであり、来店された方に強くアピールしていなかったため、販売強化に取り組んだ。
@ポスターの作成
Aバナーの設置
Bリーフレットの作成
Cキャビアラベルの作成

◇商談会及び委託販売の取り組み

五つ星ひょうごに認定され、兵庫県物産協会の推薦で、東京有楽町にあるひょうごわくわく館に出展及び販売委託。

◇次なる商品開発のための視察
新たなる商品開発を研究するため、大阪で平成29年2月22日〜23日開催された第14回シーフードショー・第10回アグリフードEXPO2017の視察。

◇地域を巻き込んだプレスリリース

香美町小代内水面組合が長い年月取り組んだ成果とし、10年養殖した雌のチョウザメからキャビアを採取するとのプレスリリースをしたところ、新聞の取材4社とNHKの番組ニュース神戸発(放映日2月15日午後6時30分・8時45分の2回)で放映していただくことができ、チョウザメから製造した商品を関西圏に広く周知することができた。この採取には、地元の兵庫県立香住高等学校海洋科学科2年生11名が実習として参加していただいた。

平成29年1月27日 神戸新聞



平成27年12月15日 日本海新聞


《小代物産館内での販売促進活動》


《ふれあい温泉『おじろん』での販売促進活動》


《2月22日 シーフード・アグリフードEXPO大阪2017視察研修》

《チョウザメラベルシール》




■トラックバック

この記事のトラックバックurl
http://www.coming-kamichou.com/page/rtb.php?page_id=181012183060d32016ba5b7d12f4f26a