HOME > 商工会について > 商工会の共済・保険制度 > 商工会の共済・保険制度に関して

商工会の共済・保険制度
商工会の共済・保険制度に関して


小規模企業共済
小規模企業者が掛金を積み立て、廃業、死亡、老齢あるいは役員を退職した場合に、生活の安定や事業の再建等を図るために、掛金の払込月数に応じて共済金を受け取る共済制度である。昭和40年の制度発足以来普及も進み、今日では在籍者は約150万人に上っている。


特色

事業を廃止した場合に最も有利な額の共済金が支払われる、廃業共済制度である。
積み立てた掛金とその運用収入が全て契約者に還元される、安全確実な制度である。
掛金が全額所得控除の対象となる等、税制上の特典が与えられている。
共済金は一時払いのほかに、一定の場合には契約者の請求により分割払いの方法でも受け取ることができる。
契約者は、過去に納付した掛金の額の範囲内で、事業資金等の貸付けを受けることができる。
毎月の掛金額は、7万円までの範囲内(最低1,000円で500円きざみ)で自由に選べます。



加入対象者

常時使用する従業員の数が20人(商業・サービス業にあっては5人)以下の個人事業主又は会社の役員
事業に従事する組合員の数が20人以下の企業組合の役員
常時使用する従業員の数が20人以下の協業組合の役員



中小企業退職金共済
中小企業に働く従業員のための退職金制度で、単独では退職金制度を設けることが困難な中小企業について、事業主の相互共済と国の支援によって退職金制度を設け、従業員の福祉と雇用の安定を図るもの。


特色


退職金の額は、いわゆる「退職金カーブ」を描くように配慮され、長期勤続者に有利になっている。
掛金の一部を国が助成。
 1. 新たに加入する事業主に…掛金の1/3を契約月の翌月から2年間。
 2. 掛金月額を増額する事業主に…増額分1/3を増額月から1年間。
掛金は非課税。
加入前の過去勤務期間も通算できる。
転職しても通算できる。
福利厚生施設のための融資が受けられる。


加入対象者

常時使用する従業員又は資本金が一般業種においては300人以下又は3億円以下、
卸売業においては100人以下又は1億円以下、
サービス業においては100人以下、5千万円以下、
小売業においては50人以下、5千万円以下の企業




火災共済
万一の災害に備えて、あなたの財産を守ります


特色
割安な掛金で支払いが迅速
火災、落雷、雪害等広範囲な補償が受けられます


加入対象者
原則として中小企業者の方





商工貯蓄共済
この制度は、国の認可に基づき、実施する共済制度で商工会関係者の相互扶助の精神に基づき、自己資金の蓄積融資の斡旋、生命事故の保障を集団的に行い、地域商工業の総合的な振興発展に寄与することを目的としています。


・加入できる人 商工会の会員とその家族および従業員
・加入期間   10年と5年
・掛  金   毎月1口2,000円と2,500円
・加入限度   保険の被保険者1人につき30口まで


貯蓄

・・・掛け金から保険料と経費を控除した残額を積立金として一年定期預金の複利で運用します。

融資
・・・共済に加入して1年以上掛金を正常に払込んだ加入者は融資を受けられます




商工安全共済
出張中のケガや料理中のやけど、スキー中の骨折、脳梗塞で入院、 寝たきりになり介護を必要とする場合など、日常生活での思いがけない 傷害事故や疾病・介護お見舞いの経済的負担を保証する共済制度です。


ご加入いただける方

ご加入者は健康で、正常に就業し、または日常生活を営む満6歳以上〜満90歳未満の方。
※ただし、満85歳以上の方は、満85歳未満から更新継続された方に限ります。

・法人事業所の場合 役員・従業員とその家族
・個人事業所の場合 事業主・従業員とその家族

※疾病等の既往症のある方は共済金をお支払い出来ない場合があります。
詳しくはお問い合わせ下さい。



共済期間
共済期間は共済掛金を払い込んだ日の属する月の1日の午前0時から1年とします。
共済期間満了の日から2週間前までに、特に通知のない限り更新継続とします。
共済契約申込日から共済期間開始の日までに生じた身体障害については共済金をお支払いできません。



その他
その他色々な共済を取りそろえておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい

■トラックバック

この記事のトラックバックurl
http://www.coming-kamichou.com/page/rtb.php?page_id=ac220f42b24ff1102912822b09e2677e